ストライクノワール  LEDイルミネーションバージョン

HG 1/144 GAT-X105E ストライクノワールガンダム STRAIKE NOIR GUNDAM 
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
改造の前と後です。

GAT-X105Eストライクノワールは、名機X105ストライクのバリエーション機である。
地球連合軍の非正規部隊ファントムペインが、部隊の専用機としてアクタイオン社に改良を依頼した機体で、もともと評価の高かったストライクの基本性能はそのままに、操作性や省電力性などをさらに向上させている。
最大の特徴は、全身の随所に新たに設けられたアンカーランチャーと、ノワールストライカーと呼ばれる専用ストライカーパックの搭載だ。これらの装備は、ノワールが敵MSとの近接戦闘を主目的であることを示している。
ノワール(黒)の名は、VPS(ヴァリアブルフェイズシフト)装甲とパワーエクステンダーの採用により、装甲表面が黒くカラーリングされた為である。X105Eノワールは、X105系MSが到達した完成系の姿と言えるだろう。(BANDAIより引用)

改造後のストライクノワールです。

電源ケーブルは取り外し可能です。

改造前のストライクノワールです。簡単なゲート処理のみの組み立て、シールの貼り付けなし、未塗装です。

頭部の改造風景です。

ピンバイスで目の部分に孔を開け、その孔を頼りにデザインナイフで目の形をくりぬきます。その後、くりぬいた部分に透明樹脂を埋め込みます。

頭部の部品と、改造に用いた部品です。
接続電極はICソケットに用いられる部品です。超高輝度白色LEDは液晶パネルのバックライトに用いられる部品です。いずれも秋葉原で入手できます。

頭部の裏側に接続電極を埋め込みます。

目の裏側に超高輝度白色LEDを接着します

目を光らせたところです。
フル発光ですと明るすぎますので、電源で明るさ調整を行います。目の部分をペイントすれば、発光色を変えられます。

最初に戻る